解析

2015年7月12日日曜日

欧米の人には信じられないかもしれませんが、 日本はずっとこういう嫌がらせに遭ってるんです…

欧米の人には信じられないかもしれませんが、
日本はずっとこういう嫌がらせに遭ってるんです… 

米ボストン美術館の、絵の展示に合わせて鑑賞者が日本着物を着られるイベントで、
 一部の鑑賞者から「帝国主義的」などの抗議で中止に!

 

抗議してる一部の鑑賞者って誰しょうか?
どこの国の人でしょうか? 

この報道に、欧米のネットユーザーからは批判の声があがっています。 

「まったくもって人種差別でも帝国主義でもない。
抗議した人たちは明らかに間違っている。 
美術館はイベントの中止も謝罪もするべきではなかった」 

「最近はすぐに“人種差別主義者”だとか“偏見を持つ人” だといった
言葉を安易に投げかける人がいる」 

「どういう人たちが抗議したのかについては触れられていない」 

「どこが人種差別的で帝国主義的だというんだ?」 

「じゃあ日本人女性がブラウスとスカートを着て、 
モナ・リザの前でポーズを取ったら、差別なのか?」 

京都でそういう着物レンタル着付けサービスとか、 
舞妓さんのコスプレとか、多くの外国人が体験しているけど、 
あれも帝国主義で人種差別になるのでしょうか?

 

着物が旭日旗に見える柄だったのでしょうか? 
そんな狂った事を言うのは○○系以外あり得ないと思います。

 

だれがクレームつけたか目に浮かびます。
まあ誰が抗議したのかについては、 
みなさん大体想像出来てるんだろうと思いますけどね。 
チマチョゴリより着物のほうがいいと思うけど・・・