解析

2015年10月5日月曜日

覚えてますか。菅原文太主演の野球?映画「ダイナマイトどんどん」がムチャクチャ面白かったことを。

覚えてますか。
菅原文太主演の野球映画

「ダイナマイトどんどん」

ムチャクチャ面白かったことを。




大映での作品「ダイナマイトどんどん」 が
菅原文太さん追悼で、CSで放映されてました。

1978年に製作、
大映で配給された日本のコメディ映画です。
火野葦平の連作小説「新遊侠伝」が原作です。


宣伝文句は
ひとり残らずデッドボールでぶち殺しチやれ!

タイトルは、
岡源ダイナマイツを率いる主人公菅原文太が
ダイナマ~イツ」と叫ぶと
他のメンバーが「
どんどん!」 と気合いをいれる
シーンに現れてます。




ヤクザ映画の老舗東映映画のスターたち
メインにキャスティングし、
本格的な「ヤクザ映画」の布陣で臨んでます。

昔のただの古いコメディーと侮ってはいけません。
そこは、 岡本喜八監督の手腕で、
すっごく面白いのです。


あらすじ。
▼▼▼

昭和25年、 九州小倉では昔かたぎの岡源組と
新興ヤクザの橋伝組が縄張りをめぐって
しのぎをけずっていた。
警察署長の提案で
抗争に代えてヤクザ対抗野球大会が
(平和的に?) 開かれることになる。

新興ヤクザ橋傳組は、
資金力にものを言わせて、
全国各地から野球上手な渡世人を集め出した。


一方、
昔堅気の岡源組には助っ人が集まらず、
傷痍軍人の五味(フランキー堺)を
やっと監督に迎えただけだった。

菅原文太が演じる主人公加助は岡源組です。

バッターの頭部へ危険球が乱れ飛び、
前蹴りを駆使した
走塁妨害に守備妨害とやりたい放題。


打者がバットでキャッチャーの頭を殴打して、
「打撃妨害じゃコラァ!!」と
アンパイアに詰め寄ります。

とにかく、ハチャメチャで面白い!


●監督・岡本 喜八
細かいカット割りと映像のリズム感で進行する
テンポの良さは、
東宝での先輩にあたる市川崑と並んで
日本映画でも群を抜いています。

まさに、 「娯楽映画ここにあり」

●豪華キャスト
菅原文太、宮下順子、北大路欣也、田中邦衛、岸田 森、
金子信雄、嵐 寛壽郎、フランキー堺 などの他にも、
おかしな、おかしなキャラクターがいっぱい出てきます。


東映での作品を探る

1
仁義なき戦い 代理戦争(期間限定) ※再発売(DVD)

2
仁義なき戦い 広島死闘篇(期間限定) ※再発売(DVD)

3
[DVD] 仁義なき戦い(期間限定) ※再発売

4
仁義なき戦い(期間限定) ※再発売(DVD)

5
新 仁義なき戦い(期間限定) ※再発売(DVD)

6
[Blu-ray] 仁義なき戦い Blu-ray BOX(初回生産限定)

7
新 仁義なき戦い 組長最後の日(期間限定) ※再発売(DVD)

8
新 仁義なき戦い 組長の首(期間限定) ※再発売(DVD)