解析

2015年11月7日土曜日

楽天スーパーWiFi のメリット&デメリット 【お申し込み前にぜひ!】

楽天スーパーWiFi のメリット&デメリット 【お申し込み前にぜひ!】


楽天スーパーWiFi のメリット

契約中は楽天市場の買い物がポイント3倍になります。
ポケットに気軽に入る大きさなので、外出時も手軽に持ち運びできます。
業界最安値級の2839円(税抜)で利用可能です。
10台同時接続で家族みんなで利用できます。
ワイモバイル(旧イーモバイル)+ソフトバンク2社のネットワークが利用できます。
LTE対応で追加料金発生はありません。
Iphone6等最新のスマホでも接続可能です。
楽天5000ポイントプレゼント中です。
 
楽天市場で3倍ポイントとは?

契約中であれば、ポイントがどんどん貯まる仕組みです。
但し毎月3万円の買い物が上限となっています。

3万円を超える金額は
3倍の対象外となるので気をつけましょう。


楽天カード払いにすれば、
さらに1%プラスで4%のポイント獲得が可能です。
仮に3万円を毎月楽天市場で買い物をした場合、
1200ポイント毎月付与される計算です。
これはかなりお得です。

ポイントが3倍になるのは
楽天市場・ケータイ版楽天市場
のみという事です。

楽天ブックスや楽天トラベル
楽天GORAなどは3倍対象外になります。


ネットワークは全国最大規模

ワイモバイル(旧イーモバイル)のネットワークにプラスして
ソフトバンクの通信網も使えるので、
LTE、3G、Siftbank4G、ULTRA SPEEDの
4回線からその時に合わせて通信が可能です。
常に最適な通信網を自動で選ぶので、
快適なネット環境の提供が可能です。

楽天スーパーWiFi のデメリット・決まりごと

楽天スーパーWiFiを契約した場合
2年以内に解約すると違約金が発生します。
 
そして、
楽天スーパーWiFiのプランは
自動更新のシステムも取り入れています。
 
従って、契約の更新月以外に
解約する場合に違約金を
払わないといけないのです。
 
楽天スーパーWiFiを
契約してから2年以上経っていても
その月が更新月でなければ、
解約しようとする場合
違約金を払わないといけません。

例えば、
25ヶ月目に解約する場合
違約金を払う必要はありません。
 
しかし、
26ヶ月目に解約する場合は、
違約金を払わないといけなくなります。
つまり、 
次の更新月は50ヶ月目になるわけです。

違約金の金額は
契約してから解約するまでの
期間によって変化してきます。
 
その金額は
 
38858~9600円(税抜き)と、

幅があるので気をつけたいものです。


楽天スーパーWiFiの契約時に特典に
Kobo Arc 7HDを選んだ場合
6ヶ月以内に解約する場合は
Kobo Arc 7HDも返却しなければなりません。

速度の帯域制限があります

直近3日間(当日は含まない)の
パケット通信量が839万パケット(1.24GB)を超える
↓↓
当日6時から翌日6時まで速度制限
 
24時間ごとのご利用通信量が
300万パケット(366MB)を超える
↓↓
当日21時から翌日2時まで速度制限
 
当月ご利用のデータ通信量が7GBを
超えた場合
↓↓
当月末まで最大通信速度が
送受信時128kbpsに速度制限
 
の3つです。

ソフトバンク回線を使ったデータの通信量と
ワイモバイル回線を使ったデータの通信量を
合計した値が規制の対象になるという事です。

意識的にソフトバンク回線とワイモバイル回線を
区別して使う事はできません。
 
手動でソフトバンク回線だけ使う、
ワイモバイル回線だけ使うという設定が
できないわけです。

つまりは、
1ヶ月の通信量が7GBを超えたら
その月の速度がものすごく遅くなる
ということなのです。