解析

2015年12月11日金曜日

領収書の書き方 ・・・『領収証を上様でください!』

 

領収証を上様でください!』 

上様知らない店員や 
(株)や(有)がわからない店員には・・・ 
▼ 
カナでウエって書かれた領収証を渡された経験が! 

カミサマと発音する某店員も・・・ 

領収書の書き方 

宛名で会社名を書く時は、
()()と略さずに、株式会社」「有限会社と記入します。 

受領金額は、後で金額を改ざんされないように、頭にを、
最後にもしくはを記入します。 

金額は3ケタごとにカンマ()を入れます。 
金額が3万円以上になると200円の収入印紙を貼る必要があります。 
その際は、その印紙を再利用できないよう、印紙にかかるように割印をします。

 

若い方の中には、
領収書なんて書いたこともないし、 これから先も書くことなんてないから知る必要もないと 
言い切る方もいます。 

このような考えの人がたくさんいるから、 領収書も書けない人がいるのだなと感じました。