解析

2015年12月11日金曜日

朝テレビ《ZIPジップ》で登場した愛媛県オリジナルみかん【紅まどんな】

朝テレビZIPジップで登場した驚きの柑橘紅まどんな
愛媛県のオリジナルみかん紅まどんなとは

▼▼▼解説:紅まどんな出荷スタート・愛媛新聞



2005年に愛媛県で「南香」と「天草」を交配させてできた新品種のみかん。
愛媛県を舞台にした夏目漱石の小説「坊ちゃん」に登場する女性の愛称が、
その名の由来とも言われています。

紅まどんなの特徴は

種が無く、皮も薄いのでとても食べやすくジューシーです。
甘く、独特の香りが口に広がり、心地よさを感じます。

紅まどんなの美味しい選び方

紅まどんなは皮の色が濃いのが特徴ですので、
全体が色が鮮やかで、皮にツヤがあり、
みずみずしさを感じるものを選びましょう。
また持ったときに重みを感じるのものが良い【紅まどんな】です。
軽いものは果汁が少なく味が劣ることがあります。

紅まどんなの美味しい食べ方

果皮も、中袋も薄い紅まどんなは、スマイルカットがお奨めです。

スマイル・カットとは、
その断面が笑顔の時の口(歯並び)に見えることに由来しているそうです。