解析

2015年12月3日木曜日

スキレットやティファールのフライパンで、美味しくなるメニュー!

鍋・フライパンあれこれ

楽天市場 編

スキレット(ダッチオーブン)のシーズニング


鍋・フライパンあれこれ楽天市場 編

その厚さと高い蓄熱性のおかげで、
ステーキやハンバーグなどが本当にいとも簡単に美味しく仕上がります。
素材への火のあたりが柔らかくて、ムラなく火を通すことができる、
まさに“魔法の道具”なのです。

スキレットカバーを使えば、圧力鍋や無水鍋・無油鍋に早変わりします!

スキレットカバー
鋳鉄製の重たい蓋をしっかり閉じれば、圧力がかかり、
食材の中にじんわりと熱を通すのです。
また、スキレットカバーの内側のセルフベーシングチップが
食材からの旨味を含んだ水分を食材全体に伝えます。
煮汁をスプーンですくって食材のかける手間を
スキレットカバーが行ってくれるのです。

鍋が料理してくれるようなほどとても簡単に短時間で
素材の味を活かしたとてもおいしい料理が出来上がるのです。

鍋・フライパンあれこれ楽天市場 編

スキレットで美味しくなる料理

ステーキ
安いお肉でもびっくりするくらい美味しくなってしまいます。
肉は、スキレットを強く熱して、オリーブオイル等のオイルを薄くひき、
外側を焼き色が付くまで中火で焼きます。
後は弱火でじっくりと焼きます。
焼き終わった後、10分ほどお皿の上において休ませると、
肉汁がステーキの中に封じ込められます。

ハンバーグ
スキレットで作るとお店のようなジューシーハンバーグの出来上がりです。
普通ハンバーグを焼く時は、水を加えて蒸し焼きにしますが、
スキレットでは水を加えないで、両面しっかり焼いて蓋をします。
すると、いつものハンバーグがナイフを入れると肉汁がたっぷりな、
お店のような味に変わるのです。

焼き餃子
スキレットなら「餃子専用鍋よりも美味しく」焼けてしまいます。
分厚い底は専用鍋以上ですので、蓋もずっしり重くて
蒸気を逃さず蒸し焼きにしてくれます。
スキレットなら、専門店並に美味しく焼けます!
餃子の底はパリッときれいな焼き色がつき、中はジューシーです。

鶏の唐揚げ
弱めの中火で、蓋をして揚げるのがコツなのです。
重たい蓋をすることで、圧力鍋で揚げるような効果が生まれ、
火の入りにくい鶏肉も、中まで短時間に揚げることができるからです。
中まで火が通ったら、蓋を開けて温度を少し上げてカリッとさせれば完成です。
2度揚げを1度でやる感じです。

目玉焼きとソーセージ焼き
スキレットで焼くとウィンナーはジューシーに
目玉焼きはふっくらして美味くなります。

鍋・フライパンあれこれ楽天市場 編