解析

2016年1月17日日曜日

融通してもらう立場の韓国が上から目線!「日本から要請があれば通貨スワップに協力させてやる!」

政府関係筋が日韓通貨スワップ再開に前向き発言
ロイター livedoorニュース 配信) 

【青山繁晴】日韓スワップについて”不要論”を詳しく解説

韓国経済副首相、上から目線発言「日本から要請があれば通貨スワップに反対する理由はない

向こうは日本が「協力させてくれ」とお願いすれば「通貨スワップに協力させてやる」と言ってますが?

融通してもらう立場が上から目線!

日本から要請することがあるのでしょうか。

協力というよりも、日本にメリットはないのですから、日本からの一方的な供与です。

あの国に、簿記や貸借対照表が理解できるのでしょうか。


表では必要ないと発言して、
裏では日本にお願いをする姑息な手段をとる伏線なのでしょうか。

韓国を助ける余裕があるのならば、増税しなくても良いんじゃないでしょうか?

韓国も、らわざわざ経済副首相が出てきて述べるとは、相当渇望してるようです。

日本の支援ばかり期待しないで欲しいものです。

いくら要請があろうと、国民の税金をどぶに捨てるような協定には反対です。

国民に分かりやすく説明して欲しいものです。納めた税金ですからね。
納めた税金をこんな風に使ってほしくないものです。

⇒ お申し込み前にぜひ!楽天カードのメリット、デメリット、審査について